新着情報

認知症施策推進総合戦略(オレンジプラン)が策定されました

2015.02.17

 高齢化の進行とともに、認知症高齢者が増加しており、認知症の方の見守りや生活支援とともに、その家族への支援も大きな課題となっています。
 こうした状況のなか、政府は1月27日、「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を策定しました。

 今回策定された新プランは、平成29年度までを計画期間とする現行の「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」に代わるもので、団塊の世代が75歳以上となる2025年までを計画期間としています。
 新プランは「認知症施策の普及・啓発」をはじめとする7本の柱から構成されており、認知症の方のニーズに即した支援体制を構築することをめざし、認知症の方へのニーズ調査の実施なども盛り込まれています。

 なお、新プランの策定に合わせて公表された推計によれば、平成24年に462万人(高齢者の約7人に1人)であった認知症高齢者は、10年後の平成37年には約700万人(同約5人に1人)に増加するとされています。



  ◎認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の概要はこちら(厚生労働省HPへ)


全国民生委員児童委員連合会    〒100-8980  東京都千代田区霞が関3-3-2  新霞が関ビル  tel.03-3581-6747  fax.03-3581-6748