新着情報

平成26年度児童福祉週間について

2014.04.23

 5月5日の「子どもの日」から1週間(~5月11日)は、「児童福祉週間」です。
 この児童福祉週間は、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的とするもので、この期間中、国や地方自治体、関係団体、企業等が連携・協力しつつ、全国各地で種々の取り組みが行われます(本会(全民児連)もこの児童福祉週間の取り組みに関する協力団体となっています)。

 5月を「児童福祉月間」として啓発活動に取り組む地域も見られますが、5月12日は「民生委員・児童委員の日」であり、各地の民生委員児童委員協議会においては、この時期に児童福祉に関する啓発活動と民生委員・児童委員活動の紹介に一体的に取り組むところもみられます。

 子どもたちをめぐっては、児童虐待、いじめ、不登校、引きこもり、さらには「子どもの貧困」など、さまざまな課題が顕在化しています。この児童福祉週間を契機として、児童の福祉の向上に向け、さらなる取り組みが進められることが期待されています。


  ◎平成26年度児童福祉週間における取り組みについて(厚生労働省HPへ)


全国民生委員児童委員連合会    〒100-8980  東京都千代田区霞が関3-3-2  新霞が関ビル  tel.03-3581-6747  fax.03-3581-6748